読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傍線部Aより愛を込めて ~映画の傍線部解釈~

主にひとり映画反省会。人の嫌いなものが好きらしい。

感想「ひみつの花園」

邦画 コメディ

 感想とかいいからお金ちょうだい。

 

ひみつの花園 [DVD]

ひみつの花園 [DVD]

 

 

【あらすじ】

 金を数えるのが何よりも大好きな鈴木咲子は銀行員になるが、どうにもしっくり来ない日々を送っていた。ところがある日銀行強盗の人質になり、5億円と一緒に犯人に拉致されてしまった。青木が原樹海を通った時犯人グループの車が横転、咲子と5億円入りのカバンが投げ出され、川に流されてしまう。途中までカバンにつかまることによって運よく助かった咲子だったが、5億円は車や犯人とともに炎上したと後のニュースで言われていることを知る。本当の5億円の在り処を知っている咲子は大学に入学し地質学を学び、運転免許を取得し、スキューバダイビングやロッククライミングなどを本格的に行い沈んだ5億円を手に入れようと奮闘する。


【感想】

 矢口史靖監督の最新作がいよいよ公開と言うことで記念に地上波でやっていた作品。矢口史靖のノリはいつも予告からどうにも好きではないのだけれど、やっぱり今作もそうだった。映画館で連続「WOOD JOB!」の予告を流された時はちょっと眩暈がしたくらいだ。でも純粋にこれはコメディしていたのでよかったんじゃないかなぁ。


 ストーリーがとにかく単純で、樹海に沈んだ5億円を取り戻すために西田知美がいろんなことにチャレンジする、というだけの話です。でもちょっと不思議ちゃんをこじらせて一癖もふた癖もあるキャラクターになっていました。面白いっちゃ面白いんだけど、どうしても「今日びこんな奴いねーよ」感が半端ないので慣れるまで結構時間がかかるのが難点。たまに出るタメ口もキャラ演出感があふれかえっていてかえって寒いと言えば寒い。でもその西田知美が結構いい味出している。。お金を数えているときだけ笑う、という性格がラストに繋がっていてそれは気持ちがいい。最後にカバンを抱えて幸せそうな西田知美を見てなんだか安心できました。実はそこまで西田はちゃんと笑っていないんです。常に真顔か適当な薄ら笑いで、映画の趣旨が一貫しているところは好印象でした。


 ただ後半の水泳大会で優勝する部分からの追い上げでマキが入っているのか、なんかしっくりこない感じでした。お金のためならエンヤコラ、というのはわかるけどあまりにも上達が早すぎるし努力している面があまりクローズアップされてなくて「才能?」と勘違いしてしまう。あと利重剛の距離感がイマイチわかんない。このダレダレの関係がいいのかもしれないけど、そこはもう少しはっきりしてもらいたかったなぁ。


 個人的にはもう少し加藤貴子を活用してほしかったなぁと思う。途中までヤンデレ一直線で「おー怖w」と楽しく見ていたのに水泳教室に通う段になって「あたし、水泳選手目指します!」ってあっさりリタイヤ。できれば富士の樹海までついてきて最後にもう一発邪魔してもらいたかったなあ。そうでもしないと卒業試験での嫌がらせの伏線がイマイチ回収しきれていない。多分西田知美のラストと絡めてこの映画を通して「目的のために手段を選んでいたら、手段をすることが目的になることもあるよ」ということが言いたかったのだろうけど、もうひと押し欲しかったなー。


 笑いどころとしては冒頭のしょぼい特撮シーンや、大量の機材でボロアパートの床が抜けるところ(ここは面白かった)くらいでしょうか。あと思い切ったチューリップちゃんのUFOの前奏の後のビミョーな空気は思わず「ふふふ」となりました。西田知美の不思議なワールドに入ると多分引き込まれるので気楽に見るのがイチバンな作品です。