読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傍線部Aより愛を込めて ~映画の傍線部解釈~

主にひとり映画反省会。人の嫌いなものが好きらしい。

感想「ネクロマンティック」

「みんなが同じもので興奮するわけではないわ」 

 

※この記事はあらすじを読んだだけでも不快に思う可能性があります。注意してください。

 

ネクロマンティック1 完全版 [DVD]

ネクロマンティック1 完全版 [DVD]

 

 

 

 【あらすじ】

 主に不幸な事故にあった遺体を片づける清掃の仕事をしているロベルトは、屍体性愛者(ネクロフィリア)で恋人と仕事でくすねた死体で性的欲求を満たしていた。仕事をクビになったロベルトに愛想を尽かした恋人は出ていき、ロベルトは死体を愛することを超えた究極の快楽を求める。

 

 【感想】

 ドイツ本国で、そして他の国でも上映禁止のいわくを持つ映画を見ました。素晴らしいまでにアブノーマルな映像に、常識的な感性を持ち合わせている人なら一発で眉をひそめ金切声をあげながら「この不道徳な映像作品に鉄槌を!」と叫ぶでしょう。この映画にはモラルも何もあったものではありません。あるのはただ、死体を愛する男女だけです。

 

 OPは交通事故で死んだカップルのぐちゃっとしたモノがひたすら映し出されます。男はかろうじて車に残っているのですが、女は上半身のみで車から投げ出されています。このシーンが意外ときつくて、そしてその後ロベルトたち回収班がやってくるのですが、これが遺体を雑に扱う扱う。そこでロベルト君、女性の心臓をこっそり持って帰るのです。家に帰ると目玉だの臓物だのが瓶に入ってコレクションになっています。それを眺めたりなんだりして悦に入るロベルト君と彼女。この辺くらいまで何度か画面から目をそらそうかと思うくらいキツイグロシーンが続きます。ただ不思議なことに、ずっと見ていると耐性が付くのか演出に慣れるのか、わりと気にならなくなるのです。不思議!

 

 「鳥を撃とうとして空に銃を放ったら近くの男性を間違って打ちぬく」というコントみたいな出来事があり、その男性の遺体が水辺に遺棄されてドロンドロンに白骨化しているのをロベルト君は持って帰ってきてしまうのです。なんで職場にばれないんでしょうか。そういうのを考えてはいけないのがこういう映画のお約束です。

 

 さて、やっとお待ちかねの「死体とセックス」のシーンなのですが、女優さんが何ともエロい感じで白骨の股間にそれっぽい器具をつけてコンドームも付けて、またがるわけです。それを後ろからロベルト君がよいしょよいしょとしているのです。こういうシーンはこれからも何度かあるのですが、セックスと言うより自慰に近いなぁと思ってみていました。死体って言っても、モノなんですよね。愛する女を死体になっても、というのと死体なら何でもいいというのはやっぱり別なんですよ。この人たちは腐乱臭のする人形でも欲情できるのだろうか。それがよくわからない。

 

 そしてロベルト君は挙動不審のためクビになってしまうのですが、それ以上に遺体を勝手に持って帰ったことを責めたほうがいいと思いました。そして定期的に死体の供給がないとわかってからは「死体の切れ目が縁の切れ目」とばかりに恋人は白骨死体を持って出て行ってしまいます。困ったロベルト君は猫を袋に入れてロベルト君流の八つ当たりをしてみたり、女性がひどい目にあう映画をみてみたりしますがどうにもなりません。睡眠薬で自殺未遂をしてお花畑な妄想をして大分精神的にもおかしくなってきます。もう既に精神がおかしいというツッコミはなしです。

 

 最終的に娼婦を買うのですが、結局物足りなくて娼婦を殺してファック、そしてその犯行の後を見られた墓守のおじさんをスコップでスパンと惨殺。ついにロベルト君は「自分が死ぬのがイチバンなんじゃね?」という結論に達し、性器を出してベッドに横になり、自分の腹を包丁で突き刺すのでした。何度も腹を刺し、そのたびに絶頂を迎えるロベルト君。血と白い液体が大噴出するラストシーンは壮絶でした。なんていうか、人間の可能性についていろいろ考えてしまう映画です。

 

 

 ……ここで話は終わらない。かつてソフト化したとき、日本では「1と2」を同時にまとめてソフトにしてしまっていたんですよね。ついでに「2」の話もしていきます。話はロベルト君が自殺したところから始まります。ロベルト君の墓から死体をあばく女性の姿が。これ、「1」に出てきた恋人ではなくてロベルト君のことを知った別のネクロフィリアの女性。腐ったロベルト君の遺体を持って帰って丁寧にきれいにして、記念撮影なんてしてしまいます。

 

 その女性は声優をしているまともな恋人がいて「死体好きじゃなくてまともな恋愛を」と思う面もあるのですが、結局ロベルト君が腐ってきて仕方ないので頭部と局部以外をお墓に戻すなど過激なイベントもあるのですが基本的に退屈な画面が続きます。面白かったのはネクロ友達とアザラシの解体映像を楽しんで見ていたとき、急に恋人が現れて「こんなものを見るのはどうかしている」と言われた時に返した言葉です。

 

「みんなが同じもので興奮するわけではないわ」 

 

 このやりたい放題の映画の中に出てきた無駄に深い言葉。多様化が叫ばれる時代に、果たしてこの彼女の主張は受け入れられるのでしょうか。うさぎを殺して食べるなんて野蛮! とネットの書き込みがあふれる時代に、腐った死体をセックスする自由はあるのでしょうか? 果たして多様化とは何なのか、かなり考えてしまいます。

 

 最終的に彼女もセックス中に恋人の首をちょん切って、ロベルト君の首と挿げ替えて生身のブツを入れながら死体とセックスすると言う願望を叶えます。ロベルト君のは既に小さくなっているから冷蔵庫に入れておくしかできなかったのね。

 

 そんなわけでインモラルもインモラルな映画でした。音楽は全体的にほとんど一緒で明るいBGM。死体と戯れているときも妄想のお花畑でキャッキャするときもホンワカあったかなBGM。そこに悲惨な感情はなく、ただあるのは快楽への追求のみ。

 

 人間の死体損壊は作り物とわかっているので何とでもなるのでしょうが、今作では動物虐待もたくさんあります。猫やアザラシはまぁわかるのですが、「1」ではウサギが殺されてお肉になるまでの過程がたっぷり出てきます。頭を殴って血を抜いて、毛皮を剥いでお肉のかたまり、というのがかなり辛いです。死んでしまえば兎もお肉。人間だってお肉。そういうことなんだろうか。

 

 正直ストーリーはほとんどないただのインモラルムービーなのですが、異常性愛者の悲哀を描いたとみるとしみじみしてしまいます。「2」の女性の「社会に溶け込もうとして頑張る姿」というのは世界のどこかで確実に起きていることなんでしょうね。そんなことを言っても、お勧めしません。見なくていいですこの映画、はい。