読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傍線部Aより愛を込めて ~映画の傍線部解釈~

主にひとり映画反省会。人の嫌いなものが好きらしい。

感想「タオルケットをもう一度3」

ゲーム

 時間もあることだし、と手を出したら止まらなくなったシリーズ。フリーゲームでここまでやれるってすごいと思う。


 タオルケットをもう一度3 DLページ


【あらすじ】

 カッチルとキミルが物置で見つけた本は、物体の大きさを自由に変える本だった。小さくなってしまった2人は、掃除機に吸い込まれてしまう。その頃、地球侵略を狙う魚帽子たちによって本が狙われていた。カッチルとキミルとコンチェル(あと一人)によって世界を救う旅が始まる。

 

【感想(ほんのりネタバレ)】

 これをプレイする前に「1」と「2」をやってしまいましたが、感想は公開順にしようと思うので後程。実はやったのは手違いでリメイク版ではなく、元のほうを先にDLしてしまったらしく「心の中」はないし主人公も選べないし、今ぼちぼちリメイク版プレイ中(やっと下水道あたり)。


 まずキャラクターがかわいい。カッチルとキミルの武器がマッチとはさみというところもかわいいし、コンチェルも強い女の子かわいい。このシリーズ通して登場する「ポン」という生きものもかわいい。小さくなって大冒険、というところは親指姫やニルスの不思議な旅などに通じるワクワク特権だ。


 でもかわいいばかりじゃないのがこのゲームのキモ。「タオルケットシリーズ」はかわいいエフェクトに反した鬱展開、グロテスクな描写が常に一緒にあります。初っ端の掃除機の中の大惨事で普通はビビる。最初に「1」と「2」をやっていたので覚悟はしていたのですが序盤から飛ばす演出でした。途中で登場する「野菜星人」の星の惨状もどうしようもない。


 戦闘に関しては、「1」「2」「3」「裏」「4」をやった中で一番簡単です。戦闘で困ったシーンはないですね。ストーリーに集中できる仕組みです。


 「人間キャラ」が少なくて、ポンや虫にねずみ、クリシェなど動物たちが積極的に活躍しているせいか他のシリーズよりもエグさが少ないかもしれない。それに悪役の魚帽子たちも悪役に徹しているので最後までたどり着いた時の達成感もすばらしい。


 ただ、シリーズの最初の作品なので表現も以降の作品に比べて特別突き抜けた部分はありません。「タオルケットシリーズに興味がある」という方はまず「3」から始めるのが良いと思います。後の作品は鬱グロ展開よりエロ描写がキツイところもありますが、この作品はポンのお婿が少々変態、というくらいでそっち方面は安心です。


 タオルケットの感想がもう少し続きます。映画は最近見えてないので、そのうち書くじょ。