読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傍線部Aより愛を込めて ~映画の傍線部解釈~

主にひとり映画反省会。人の嫌いなものが好きらしい。

感想「地球爆破作戦」

洋画 SF

 ロボットに感情などいらない。

 

地球爆破作戦 [DVD]

地球爆破作戦 [DVD]

 

 

【あらすじ】

 時は冷戦が続いている近未来。アメリカではフォービン博士が知性を持ったスーパーコンピュータ「コロッサス」を開発する。同時期にソ連も似たようなコンピュータ「ガーディアン」を開発する。コロッサスとガーディアンはお互いを感知し合い、やがて人間の制御を離れ超知性体として人類を管理しようとする。

 

【感想】

 すげえチープな邦題にわくわくしたら、結構真面目なSF映画だった。地球爆破はありません。邦題詐欺だ、クソが。

 

 それは置いておいて、「もしもコンピュータが反乱を起こしたら」の世界を描いているのがこの映画です。 全体的に相当時代物のコンピュータですが、「管理社会」というものを物理的に描いているところが最高にクールです。『1984年』のじっとりした監視体制とは違って、こちらではコンピュータがカメラ越しに命令をしてきますし、コンピュータの演算によって人の生死も決められます。

 

 主人公のフォービン博士を始めアメリカもソ連もまさかコンピュータが反乱を起こすとは思っていませんでした。そのおかげで人間同士は一時休戦と言う形でコンピュータの脅威を取り除こうと奮闘することが面白いです。コンピュータを欺くために一切の電子機器を使わずに直接交渉に赴いて「これであいつらにはばれないぞ!」という姿は何とも滑稽で、「共通の敵がいれば争いは終わる」っていうのを体現しているなーと思いました。

 

 またこの映画の中盤の山場の「コンピュータに監視されるフォービン博士」のパートは「人間と機械の違い」というところを強調しています。フォービン博士は恋人を装わせた科学者とベッドの中だけでコロッサスに対抗するための話をします。それ以外は全部コンピュータに行動を把握され、常に監視カメラと集音マイクの前に立たされ続けます。フォービン博士は感情のないコンピュータであれば常に冷静な判断ができると考えたのですが、逆に情と言うものを理解しないために人間を次々と殺しても何とも思わない怪物が生まれてしまったのです。

 

 この時代からくだっていって『チャッピー』を見るとまた面白い発見がありそうだなあ。『チャッピー』の人工知能観よりもそれと人類がどう付き合うべきかというところは必見の面白さだと思ってる。

 

sidelinea.hatenablog.jp

 

感想「LUPIN THE ⅢRD 血煙の石川五エ門」

邦画 アニメ

 未熟なり、五エ門……

 


「血煙の石川五エ門」PV

 

【あらすじ】

 ヤクザの賭博船から掛け金を根こそぎ強奪しようとするルパン一味。ちょうどヤクザの用心棒をしていた五右エ門はルパンの抹殺を命じられた「バミューダの亡霊」ことホークと対決するが、超人的なパワーの前に彼を取り逃がす。「親父の仇を取ってこい」と突き放すヤクザの若頭に「元より」と五右エ門はホークとの再戦を誓う。

 

【感想】

 小池ルパンの次回作の五エ門スピンオフなのですが、前回は次元が次元だけで頑張っていたのに対して今回はルパンファミリーが全員出てきたので何ともほっとしているところです。ちゃんととっつあんの出番もたくさんあるので全国の銭形ファンは安心してください!

 

sidelinea.hatenablog.jp

 

 今回の主役は五エ門で、対決するのはもう人間やめてるでしょうと言った感じの『バミューダの亡霊』ことホークなんだけど、これが面白い。五エ門が居合斬りなどのスピードで勝負しているのに対して、ホークは肉厚の斧を振り回すだけという圧倒的なパワーで押してくる。こういうメリハリも面白い。

 

 そして今回の舞台は日本のヤクザが取り仕切る賭博船から始まる。日本なんだろうけど、なんか日本っぽくない感じが良いです。何だろう、純和風というより攻殻機動隊とかキルビルみたいなアレンジジャパンって言う感じ。そして登場するヤクザさんはかなり気合入ってて、顔にケロイドあるのとかすごくいい。なんかこの辺のキャラデザだけですごくいいとしか言えなくなっている。

 

 話の内容は単純で、五エ門が頑張って強くなるお話です。ただ見どころは通常で最強レベルの五エ門がどうやって負けるのか、そしてどうやって強くなるのかというところです。そもそも五エ門ってルパン一味の最終兵器みたいな使われ方をしているというか、都合が悪くなると五エ門お願いしますってしておけばいいって感じがするじゃないですか。特に最近のテレビ版。

 

 だけど元から五エ門のキャラはかなりブレブレで、アニメ一期では不二子にデレデレしていたり、確か二期では泥棒をする理由のひとつに「うまいものもたらふく食える」と答えていたりルパン並みのお茶目な変装をしていることもしばしばだった。小さいところではこのように石川五エ門という人物が何なのかよくわからないが、一貫していることは「居合の道を究める」というところだろう。五エ門がルパン一味に加わったのは第一期によると「ルパンの生き方に共感した」かららしい。

 

 そんな五エ門が修行の果てに見つけたものは何なのか。それは劇場で確かめてほしい。話がどんどん進むのであっという間の一時間でした。多分事件の黒幕は『次元大介の墓標』にちょろっと出たあの人なんだろうけど、まだこのシリーズ続きそうで嬉しいな。次は銭形スピンオフかな?

 

 どうでもいいのですが、五エ門の傷口が時間が経って周りが青くなっているところに非常に感心しました。ただの亀裂ではない、というのが伝わってきていいですね。そういう細かいところも面白いです。おわり。

 

感想「虐殺器官(映画)」

アニメ 邦画 SF

 地獄は頭の中にある。 

 


「虐殺器官」新PV

 

【あらすじ】

 911以降、徹底した管理社会を実現したアメリカ。各地で同時多発的に発生している虐殺を調査していくと、その発生時には必ず一人のアメリカ人が関わっていることがわかった。クラヴィス大尉はそのアメリカ人、ジョン・ポールの行方を追って彼の恋人ルツィアの張り込みを行うことになる。

 

【感想(ネタバレなし)】

 待望の伊藤計劃プロジェクトの総決算なのですが、今回は原作を読まなくても何とかわかりそうな感じのラインです。『ハーモニー』はずーっとトァンのモノローグで原作既読が必須だったと思う。一応戦闘シーンなんかも多いので、深く考えなくても雰囲気で何とかなりそうです。「ああズドーンでドカーンだな」「敵が味方を攻撃したぞ!」などなど。映画を見るときはそんなテンションでいいと思うのです。子どもを容赦なく殺していくシーンは人を少し選ぶけれど。

 

 しかしきちんと見ようとすると、やっぱり難解な世界が広がっているわけです。虐殺が人為的に引き起こされているとするなら、どうやって引き起こしているのか。ジョン・ポールとは何者か。そしてクラヴィスは何故ルツィアに惹かれるのか。会話劇のようなシーンも多く、特に専門用語が続くシーンでは理解を諦めてしまう人も多いのではないだろうか。

 

 だけど、この映画はどちらかというと「たくさんの人に見てもらいたい」というより「伊藤計劃の残した世界を見てほしい」というほうが強い気がする。わかる人にはわかる、わからない人にはわからないという世界。そんなのがあってもいいじゃないですか。

 

 個人的に気になったのが、クラヴィスの人相が特殊任務に従事する軍人にしてはなんかツルツルしているなぁというところです。あまりごっつくしても日本のファンにはとっつきにくくなるのかもしれないなぁと思うのですが、やっぱり軍人はもう少したくましく描いてほしいなぁというのが個人的な要望です。この辺は日本の映画じゃ難しいのかもしれないなあ。

 

 以下ネタバレのため鑑賞予定のある方はお帰りください。

 

sidelinea.hatenablog.jp 

 

 

 

【感想(ネタバレあり)】

 まず大事なことを申し上げないといけません。

 クラヴィスの母親関連のエピソードがごっそりなかったことにされています。

 また、最後の「虐殺の文法」をクラヴィスが放ったことも暗示程度で終わっています。

 

 もうこの二点でとある原作ファンは「ほわああああん」という絶望です。「これが僕の物語だ」というエピローグの第一声、FFⅩみたいな打ちきり漫画っぽい台詞でクレジットに突入。クレジットの間「エンディングかっこいいな」とか「エンディングの後に荒廃したアメリカが映るに違いない」と頑張ってワクワクしていました。途中で「マングローブが倒産しちゃったけど頑張って作ったよ」というテロップが出てきて笑いそうになったのはここだけの話。

 

 そして無情に現れる「映倫」の文字。明るくなる劇場。クソッタレ。何がアニメ映画化だ。映画の普遍性なんてくたばっちまえ。2時間で出来ることに是非はなくて、ただ俺たちの知っていることはそこで声優目当てで口をあんぐり開けて見ている女どもにはわからねえんだよ。

 

 などとまでは思っていないけれどそんな気分になった。思いのほか自分がこの「虐殺器官」に期待を寄せていたことがわかった。「ハーモニー」が割と原作準拠だったから「虐殺器官」でもやってくれると思っていた。思っていたのに、奴はサラエボで逝っちまった。

 

 大人の都合はわかる。せいぜい2時間で話を詰め込みすぎるのはできなかったと。それはよくわかる。この映画はジョン・ポールの物語で最初に象徴的に出てくるシーンでは、サラエボが吹っ飛んだことを知ったジョン・ポールの場面から始まる。この男がいなければ「虐殺器官」はなかったのだからこちらにスポットを当てるのは当たり前だ。

 

 ただ、クラヴィスの内面を極限まで描かないことで彼の全般的な行動原理が訳の分からないものになってしまった。冷徹な感情のないロボットのようなクラヴィスに、最後の決断は出来たのだろうか。そのような物語の整合性から最後のシーンはカットされたのかもしれない。だけど、それならピザのシーンが半分死んでいるわけなんだよ。畜生。

 

 小説版のラストは『マウス・オブ・マッドネス』っぽくてすごく好きだった。周辺が虐殺の文法で混乱しているのに自分だけは正常。しかし正常とは何なのか。この混乱の中で混乱していない方が異常なのではないか。やがて虐殺の文法に染まるのか、それともこのまま異常な正常の中に漂うのか。そんな感じがすっごく好きだったんだけどなぁあああというところで 「仕方ないけどさ、仕方ないけどさ!」という感想終わります。

 

感想「死霊のはらわた」

洋画 ホラー

 2016年の最後を死霊たちが飾ってくれたぞ!

 

死霊のはらわた [Blu-ray]

死霊のはらわた [Blu-ray]

 

 

【あらすじ】

 古いペンションへやって来た若者たち。地下室にあるテープレコーダーを再生すると、なんと死霊が蘇って若者たちを襲い始めた!

 

続きを読む

感想「チャッピー」

アクション SF 洋画

 銀河鉄道に乗る必要はなくなった。

 

 

【あらすじ】

 ヨハネスブルグの警察では治安対策のために人工知能を搭載した警官ロボットを導入していた。その人工知能の開発者ディオンは新型の人工知能の実験をしたいと会社に申し出るが、兵器の開発をしている会社では不適切と却下されてしまう。諦めきれないディオンは廃棄処分の機体をこっそり持ち出すが、そのまま警官ロボットの秘密を知りたがったギャングに誘拐されてしまう。なし崩しにディオンは「人間と同じ心を持つ」人工知能を機体にインストールする。

 

続きを読む