傍線部Aより愛を込めて ~映画の傍線部解釈~

主にひとり映画反省会。人の嫌いなものが好きらしい。

感想「ダンボ(2018)」

豚は空を飛ばないけど象は空を飛ぶ。

 


「ダンボ」日本版予告編


【あらすじ】

団長メディチが率いるサーカス団に象の赤ん坊が生まれる。しかしその赤ん坊の耳はとても大きく、化け物のようだった。お披露目式の日に耳をバカにされ、庇った母象ジャンボは暴れ象として売られてしまう。残った哀れな小象ダンボは戦争で片腕を失ったホルトとその子供たちミリーとジョーで面倒をみることになる。ある日子供たちはダンボがおおきな耳で羽ばたけることに気がつく。


【感想(ネタバレなし)】

元号あけましておめでとうございます。令和も引き続きなんとかかんとかやっていきたいです。

 

さて、あの有名ディズニーアニメ「ダンボ」が実写になり、その監督をティム・バートンが務めると言うのだからこれはお祭り騒ぎをするしかないでしょっていう感じのアレです。

 

ネタバレしない範囲で感想を言うなら、もう映像は天下のディズニーだしティム・バートンだしで好きな人は大好きだと思います。薄汚れたサーカスのテントとかきらびやかだけどどこか趣味の悪い遊園地とか。


話の内容はダンボが飛ぶまでが前提となり、サーカスのその後が主な話になってきます。アニメを見ていると楽しめるシーンもありますが、見ていなくても十分楽しめる作りになっています。戦争で片腕を失ったりサーカスのその日暮らしの感覚など今のお子さんには難しい表現もいくつかありますが、それでも過激な表現などはなく、家族で楽しく見られるようになっています。小さなお子さんは大喜びでしょう。楽しい象さん映画としてうちでも円盤を買おうか検討しているところです。

 

以下「いやお前の言いたいことはそんなんじゃねーだろ」というネタバレ感想になりますので鑑賞予定のある方、夢を壊されたくない方はお帰りください。

 

ダンボ (オリジナル・サウンドトラック)

ダンボ (オリジナル・サウンドトラック)

 

 

【感想(ネタバレあり)】

ネタバレなしでも書いたけど、ファミリー映画として見ればかなり満点の作品なんだよ。でも「ダンボ」という作品に対しての向き合い方とかティム・バートン監督の扱いとか考えた時、この作品は首を傾げたくなる。

 

いや、もう最初のサーカス列車のシーンとかティムティムしてて最初から大興奮なんですよ。ちょっと薄汚れてて錆があちこち浮いていて年季の入った見世物小屋の看板。これがピカピカのペンキ塗りたてだと全然趣が無くなる。ドリームランドのショーも綺麗だし、ピンクの象もやってくれた。

 

でもこの心の満たされなさは何かと言えば、「異形」「見世物」に全然言及がなかったからだと思います。お話自体はよくまとまっているし、いいんですよ。でもせっかくティム・バートンを引っ張ってきたのにその2つの要素をかなりバッサリやっちゃったのは正直ガックリなわけですよ。

 

というか、サーカス要素が皆無なわけですよ。マイケル・キートンが明らかに悪いオッサンとして登場するんですけど、彼は空飛ぶ象じゃなくて憎悪されるべき資本主義の豚として描かれます。でも彼は「異形」ではないし、「見世物屋」ですらありません。どちらかというとブラック企業の社長です。

 

この話をするのに必ず最初に置いておきたいのが「フリークス」という映画です。当時本当に見世物小屋で働いていた方々が出演しているので説得力抜群だし、メッセージがどストライクのド直球すぎて正直これを超えるフリークス映画は出てこないんじゃないかって思ってるんです。

 

フリークス [DVD]

フリークス [DVD]

 

 

そんでアニメーション「ダンボ」も表向きは「コンプレックスもうまく使えば武器になる」という話だけど、裏を返せば「見世物になる道を行く」という話なのね。

 

「ダンボ(Dumbo)」とは「ばか・間抜け」という俗語で、「Dumb」になると「口のきけない」という意味になる。実際劇中に出てくるダンボは一切口をきかないし、母親ジャンボもほとんど言葉を発しない。サーカスで見世物になっている対象は人間とコミュニケーションが取れない。それは「フリークス」でも結局奇形者は人間と相容れないものとしていたことと一致する。

感想「ダンボ」


今回の作品で気になるところは、最初からダンボが受け入れられていたところだ。元のアニメーションではネズミのティモシーしか味方がいなかったけれど、今回は空を飛ぶ前から何かと同情されているし、何よりホルトと子供たちという強い味方がいる。何より彼を嘲笑う存在だった調教師は序盤でテントごとプチンと逝ってしまった。つまり、ダンボ=異形を嘲笑う存在は実質上この映画には出てこない。ダンボは最初から「空飛ぶ象」として存在する。

 

まぁ家族向けの映画で休日に映画館にやってきて「バットマンリターンズ」とか「シザーハンズ」みたいなの見せられても最近はピンと来ないのかもしれないなぁ。

 

そうなると残りの「見世物」をどうするかっていうのがこの映画の主題で、結局「ダンボを自由に」というのが落とし所でした。これは昨今のディズニーの方向性からすれば妥当なところだろうと思いました。

 

ただ、路線は妥当でもそれは「ダンボ」本来の魅力なのかと言われたら答えはNOです。ダンボはやっぱりコンプレックスを乗り越える話が良いのであり、ピエロの嘲笑やピンクの象でトリップする不気味さが良いのです。

 

これは「アナと雪の女王」にも言えるのですが、別に女王がレリゴーするのはいいんですよ。でも、その下敷きの「少女の大冒険」の少女をプリンセスにしてぶっ壊したのはやっぱりアカンのですよ。お話を現代風にするのはいいんです、でもその原点の醍醐味を無くすのはどうかと思うんです。

 

ちょっと感想を巡ったら同じようなことを思っている人はたくさんいたようで、みんなティム・バートンに期待していたことは一緒だったんだなぁと思いました。カメオ出演でペンギンとかシャム姉妹とかシザーハンズが出てきたらいいなあとか思ってた人絶対いると思う。というか、ここにいました。勝手にハードル上げて勝手に怒るのは最高にみっともないのでこのくらいにしておきます。

 

最初にも言いましたが、もう映像は素敵なんですよ。特に序盤のサーカステントのシーンに悪夢のようなドリームランド。何気にラストの大自然もよかったですね。だけど「ティム・バートンの毒気がない」のは期待していた人からすればマイナスなんですよ。みんな「ビッグ・アイズ」みたいな救いようのない奴を想像していたんですよ。なんでこうなった。子供のためか。仕方ない。

 

個人的に胸糞なのはミリーのキャラが取ってつけたような「自立する女」のモチーフだらけだったことかな。正直ウケ狙いにしか見えないからそろそろそのキャラ出すのやめたほうがいいと思うんだけど、多分こうしないと怒る人々がいるんだと思う。正しいってなんだろうね。ダンボは可愛かったです。サルももっと活躍するとよかったな。おしまい。