読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傍線部Aより愛を込めて ~映画の傍線部解釈~

主にひとり映画反省会。人の嫌いなものが好きらしい。

感想「雷神~RAIJIN~」

 セガール版セブン的な何か。

 

雷神?RAIJIN? [Blu-ray]

雷神?RAIJIN? [Blu-ray]

 

 

【あらすじ】

 殺人事件とかを正義の鬼刑事セガールがぶっ潰す。謎ときとかあるけど知るものか。

 

【感想】

 セガールVSサイコ殺人犯×2というだけで割とおなかいっぱいなのですが、これは近年のセガール映画としてはかなり面白いと思うのです。ストーリーはそれほど入り組んでないし、わかりやすいし、何より犯人が分かりやすい悪者だし、セガールがそれ以上に凶悪に活躍するのがいい。

 


「雷神 RAIJIN」

 

 まず冒頭からひどい。謎のセガールの幼少期の回想があり、その後刑事をしている現代に舞台が変わる。女性に生きたまま爆弾を取り付けているサイコ野郎を逮捕するべく、鬼刑事セガールが近くのビルに殴り込んで犯人をしばくしばく。何とか爆弾を解除してサイコ野郎を逮捕しようとしたけど、相手が殴り掛かってきたから思わず蹴り飛ばして窓の外に落としちゃった! てへっ。4階だけど大丈夫だよねっ。

 

 こんなテンションで残り90分です。この「窓の外にけり落とす」シーンだけで正直お腹いっぱいです。確かに派手なシーンなのですが、何で「6回」も窓の外に落ちるシーンを繰り返すのかってことです。途中には相棒のストームの「うわぁ」という顔も挿入されて、もう笑うしかない傑作の出来です。このシーンだけ額にいれて飾っておきたい。

 

 それ以外にもストーリー以外で「おいおい」となるシーンはたくさんあります。謎の無能FBIに謎のパブでの乱闘、そして引っ張りまくった挙句あっさり捕まるサイコ野郎2に無駄に頭をガラスに叩きつけたがるセガールアクション。結構編集で誤魔化しているのがわかってちょっとさみしい気もする。

 

 そしてこの映画の面白さは最後まで気を抜かせてくれない。いろいろあってサイコ野郎を文字通りぶっ潰したセガールは刑事を退職。そして田舎に帰って……ここから先は是非自分の目で衝撃の結末を観てほしい。久しぶりに目が点になった。これぞ衝撃の結末、どんでん返し。みてんじゃねえよじゃねえよマジでおい。