読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傍線部Aより愛を込めて ~映画の傍線部解釈~

主にひとり映画反省会。人の嫌いなものが好きらしい。

感想「リング0 バースデイ」

 貞子、爆誕。

 

リング0?バースデイ? [DVD]

リング0?バースデイ? [DVD]

 

 

【あらすじ】

 奇妙な幻覚に襲われる山村貞子は、劇団の研修生。ある日主演女優が急死し、その代役として抜擢される。貞子には恐ろしい秘密があった。貞子の秘密を探る新聞記者が彼女を追い詰める。

 

 【感想】

 仲間由紀恵が超かわいい。

 

 それ以外はなんていうか、全体的に貞子のファンムービーという感じでした。ホラーホラーしたシーンがあるかというとそれほどなくて、強引な展開も「ああこういう映画なんだなぁ」と思って冷めた目で見るという感じです。そもそも田辺誠一とくっつく必然性がよくわからないのです。「貞子にも人間らしい一面があったのよ」というところでしょうか。そうすると、田辺誠一は脚本上の捨て駒みたいで何だかかわいそうなのです。

 

 仲間由紀恵の演技力を疑問視する感想が多いのですが、何となく「山村貞子」という浮世離れした気持ち悪い人物としてみるとこれはこれでアリなのかなぁという感じです。正直、「山村貞子」という存在が棒読みですっごく気持ち悪い。ここにいるはずなのに、全てがお芝居のような存在。おそらく2体に分裂した(!)貞子は身体だけでなく心も分裂して、あんなへんちくりんな存在になってしまったのでしょう。

 

 もう全体的にツッコミどころ満載な映画なのですが、とにかく「生きている間も貞子は気持ち悪い」という設定が付与されただけでもう十分じゃないかなという感じです。とにかくお話としてはかなり退屈でした。お芝居の現場を舞台にしたのも、どうしても傑作の『女優霊』と比べてしまうから失敗だったのかもしれません。(しかし劇場霊、貴様は許さない)ただ初々しい仲間由紀恵が超かわいいという気力だけで全部見た感じです。

 

 リングシリーズはもう「リング」が偉大すぎて「リング」を超えられないのかもしれない。まだ「リング2」を見ていないので、そっちに期待をしよう。