読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傍線部Aより愛を込めて ~映画の傍線部解釈~

主にひとり映画反省会。人の嫌いなものが好きらしい。

まどマギ感想(前)「キュウべぇが女の子にしか声をかけない件」


 映画観る前に予習みたいな形でとりあえずTVシリーズを一通り見ました。ある程度ネタバレはあったのでがっちり物語に入ることはありませんでしたが、それにしても「攻めるなぁ」というのが正直な感想。劇団イヌカレーの空間は本当に挑戦的というか、大人向けアニメとしてスバラシイと思う。


魔法少女まどか☆マギカ 1 【通常版】 [DVD]魔法少女まどか☆マギカ 1 【通常版】 [DVD]
(2011/04/27)
悠木 碧、斎藤千和

商品詳細を見る



 どうせある程度の議論はされつくしていると思うので、どうでもいいけどものすごく気になった部分についてだけ書くね。


○どうして「魔法少年」はいないの?

 「思春期の少女のエネルギーが素晴らしい」らしいけど、「思春期の少年のエネルギー」じゃどうしてダメなのか。キュウべぇの理屈だと、男性が魔法少女になれない理由が全く分からない。「単に女性のほうが効率がいいからだよ」とか言いそうだけど、思春期という理屈をつけるなら、男も女もそんなに変わらない気がする。単にキュウべぇが女の子とイチャイチャもふもふしたいからなのか。それとも視聴者が野郎がいる世界を観たくないだけなのか。ループだの魔女っ娘もののアンチテーゼだのあるけど、この辺、割と裏テーマなのかもしれない。


○なんでまどかの父が専業主夫なの?

 未来の話っぽいし、こういう家庭もアリなんだよーっていう薬味程度かと思っていたけど話が進むにつれてどうやらそうでもないらしいというのが見えてきた。わざとまどかの母はバリバリのキャリアウーマンにしている。そのために父親が専業主夫になるしかなかったんだという感じ。


 まず、この「まどマギの世界」には「男」の役割をする大人の男性は登場しない。登場するのは、


魔法少女とその友達
・大人の女性(お母さんと担任)
・魔女
・上条くん


 びっくりするくらい登場人物の多様性がない。真面目に出てくる大人の男の人がいない。病院の先生くらいか。上条くんは同級生だし、お世辞にも「男性」というキャラクターではない。そして「大人の女性」の口から語られる男性像がすごい。


 まどかママは上司(おそらく男性)の愚痴。
 担任は世の男性がいかに思いやりがないかという愚痴。
 さらに杏子の父親は話を聞く限り同情できる境遇にはないし、
 さやかの魔女化の一因となった男の話もひどい。中学生が聞いたらトラウマものである。


 つまり「大人の女性」は魔法少女たちに「男はろくなもんじゃない」と植えつけていて、当の男たちは主夫やってたり幼児だったり魔法で助けられた王子様だったりする。そんな「男性不在」の中でまどかを導くのが社会経験バリバリのまどかママ。従来のよくある話だと、ここで導くのは「父親」の役目。母親が父親の役割を同時に果たしている。そんで父親は従来の母親の役割をしている。ジェンダーフリーをここまで強調したい意図は何か?


 そもそも「物語の中の男性」を否定しているとしか思えない。意図的に消去しているのではく、男性らしいものは登場させて殺している。大人の女性から語られる壮大な男dis、男性の不在。そして話が少女だけで進められていく。実際に「思春期の少女の狭いもやもやを表した」というのもあるし、そういう演出が生きていたからこそファンタジーをファンタジーとして受け入れられたと思う。魔法少女はびっくりするほど自分たちの理屈だけで生きている。そこに大人が入り込む余地はないし、かつて少女だった大人の女性なら気持ちはわかってあげられる。


 ところが男っていうものは女があーだこーだ悩んでいると「わけがわからないよ」と突き放したり逃げたりする場合が多い。理屈だけ並べてアドバイスをして救ってやっているつもりになっていて、最終的に「オレが助けてやったんだぜ」と恩着せがましく何かしら言っている。


そうか、男はみんなキュウべぇだったんだ。


 結局何が言いたいかというと、「壮大なジェンダー論だなぁ」ということ。ディズニーのやたら自立したがるヒロインとは少し違う、面白い視点だと思いました、まる。


 なんかジェンダー論ばっかりになってしまったので肝心のループ設定やら魔女化設定やらは前後編に分けてこの次にします。


↓ランキング登録しました。クリックしてくれるとうれしいな。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村