読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

傍線部Aより愛を込めて ~映画の傍線部解釈~

主にひとり映画反省会。人の嫌いなものが好きらしい。

スヌーピーとかぼちゃ大王


本日ハロウィンなので、ハロウィン的なDVD紹介します。


スヌーピーとかぼちゃ大王 特別版 [DVD]スヌーピーとかぼちゃ大王 特別版 [DVD]
(2008/10/22)
ワーナーホームビデオ

商品詳細を見る




 ハロウィンを初めて知ったのはスヌーピー、という人も結構いるんじゃないでしょうか。自分もそのひとりで、この作品が結構大好き。冒頭部分の曲はちょっと有名なので聞いたことあるかもしれない。昔、相川七瀬のラジオで使ってたね。

D

 内容はどこまでも「かぼちゃ大王を信じるライナス」というお話。あと、本場のハロウィンのお祭りの仕方がよくわかって面白いです。子供たちが家々を回ってお菓子をもらうシーンは、やっぱりワクワクです。お菓子をあげるばかりで大人は損だ、と思うかもしれませんが「子供に菓子を配る=施しは善行=厄払い」という認識みたいです。(また聞き知識だけれど)でも、チャーリー・ブラウンだけ仮装もお菓子も不憫なのはどういうことなんでしょう?

 途中でスヌーピーが犬小屋を戦闘機に見たてて大空中戦を見せてくれるのもこのエピソードの面白いところ。ここのアニメーションが相当斬新なので、ただのほのぼのアニメだと思ったら度肝を抜かれます。


 あと、このアニメで興味深いのが「りんご食い競争」の存在。水に入れたりんごを口だけで取るゲーム。本場のハロウィンパーティーでは実際に行われているポピュラーなゲームらしいです。wikiでは「ダック・アップル」として紹介されています。(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%AD%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%B3


 もうすぐハロウィンも終わっちゃうけど、お菓子とイタズラだけでなく、ちょっと外国の風習を勉強する気分になるのもいいものです。


↓ランキング登録しました。クリックしてくれるとうれしいな。
にほんブログ村 映画ブログ 映画評論・レビューへ
にほんブログ村